シャアハウスに住む外国人留学生の日本語力

こんにちは。

大阪でシェアハウスを管理運営するエントランス・ジャパンです。

 

さて、エントランス・ジャパンのシェアハウスには、外国人留学生が入居していて、

シェア生活を、賑やかに楽しくして下さっています。

 

今までに入居されていた外国人の方の国籍は・・・

韓国、台湾、香港、マカオ、中国、インドネシア、イスラエル、トルコ、ラトビア、フランス、

ドイツ、イタリア、スイス、オーストリア、スペイン、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、

イギリス、アメリカ、カナダ、メキシコ、チリ、オーストラリアなど、

欧米系の方が比較的多くいらっしゃる事も特徴の一つです。

 

外国の方と一緒に暮らす。となると、コミュニケーションは大丈夫なの?

と心配される方も多いと思います。

エントランス・ジャパンでは、英語と韓国語を話すスタッフがいますので、契約やルールの説明については、

しっかりお伝えできるように体制を整えています。

 

留学生の皆さんの日本語レベルはバラバラですが、日本人の入居者さんと毎日過ごすことで、

日本語のレベルアップが加速しているのでは?と思う事もしばしば。

 

アジア系の方は入居当初から日本語力が高く、日常会話に問題の無いレベルの方が多いですが、

不自然な文法を使ったり、反応に時間がかかったりされる方もいらっしゃいます。

心配無用。

3ヶ月もすれば、とっても自然な日本語にバージョンアップされています。

 

一方、欧米系の方は、挨拶もほとんど知らない。ひらがなが読めない。という超初心者の方がほとんどです。

エントランス・ジャパンのシェアハウスにお住まいになる外国人の方は、勉強熱心で真面目な方が多い様です。

3ヶ月もすれば、簡単な日本語会話ができるようになり、1年後には日常会話は心配ないレベルになる方がほとんどです。

 

さて、今日は、事務所にイタリア人入居者 Dさんと、Lさん がいらっしゃいました!

語学学校はエントランス・ジャパンの事務所から徒歩圏内。毎月、お家賃を支払いに来てくれます。

 

お2人は東大阪にあるハウス【Oland】と【WAND】に別々にお住まいなのですが、

通っている日本語学校が同じこと、同じ国から来たという事で来日初日からとても仲良し(*^_^*)

お互いのハウスを行ったり来たりして交流されています。

 

毎回、事務所に来た時にハウスの様子や生活についてなど世間話をします。

「せっかく梅田まで来ているのだからどこかで買い物したりお茶したりしないの?」

と聞くと、2人とも口をそろえて

「もう帰ります~。宿題沢山あるから~。」との回答が(笑)

 

Dさんも、Lさんも、来日当初は、殆ど日本語が話せませんでしたが、

7ヶ月経った今、私と日本語のみで会話できるまで上達しました!!!

凄い!凄い!

 

シェアハウスを訪問して毎回驚かされるのは、外国人入居者さんの勉強熱心な所。

話を聞くと学校のテストの他にも12月に「日本語能力検定N3」を受験する予定なのだそう。

そのために、みっちり勉強をしなければならないようです。

 

「私も英語の勉強をしなきゃ・・・・」と思いつつなかなか重たい腰が上がりません。

みなさんの熱心さ、見倣わなければならないですね・・・・(汗)

 

Dさん、Lさん、12月の検定頑張って下さいね!

応援しています\(~o~)/