大阪市・東大阪市・堺市・摂津市のシェアハウスならエントランス・ジャパン株式会社の「シェアハウスの「共益費」について、詳細をお教えします!」ページ

Blog

シェアハウスの「共益費」について、詳細をお教えします!

ブログ

シェアハウスの家賃を検索して、「思っていたより家賃が高いなぁ。」と感じた方、いらっしゃいませんか?
それは、シェアハウスの家賃設定について正しい知識を持っていないからかもしれません。
シェアハウスの「共益費」の内訳を知ると、「あれ!?シェアハウスの家賃は安い!」と考えを変える方が多くいらっしゃいます。
今回は、エントランス・ジャパンのシェアハウスの「共益費」について詳しくお教えします。

【目次】
1.「シェアハウスの共益費」と「賃貸マンションの共益費」の違い
 ①シェアハウスの共益費
 ②賃貸マンションの共益費
2.共益費は定額、金額の変動はありません
3.使いすぎは要注意!追加料金を請求される可能性もあります。
4.思わぬメリット!
5.まとめ

 

1.「シェアハウスの共益費」と「賃貸マンションの共益費」の違い

「シェアハウスの共益費」と「賃貸マンションの共益費」、それぞれ何に使われているのかを見てみましょう。
費用の詳細を書き並べてみると一目瞭然。全く使用用途が異なります。
シェアハウスの共益費は、共有部の維持管理はもちろん、日々の生活で利用する電気、ガス、水道、ネット代などの光熱費まで賄われているのです。
一方、賃貸マンションの共益費は、主に共用部の維持管理に充てられています。
 

①シェアハウスの共益費

エントランス・ジャパンのシェアハウスの共益費に含まれる料金は下記の通りです。
個室・共有部の電気代、共有部のガス代、共有部の水道代、個室・共有部ネット代、共有部の清掃代、共有部の照明代、備品代(トイレットペーパー、食器用洗剤、食器用スポンジ、ハンドソープ、共有部の清掃に必要な物 等)

②賃貸マンションの共益費

エントランスや廊下等共用部の照明交換代、電気代、水道代、ゴミ置き場や廊下の清掃費、エレベーターの電気代や点検代等

2.共益費は定額、金額の変動はありません

共益費に光熱費が含まれていると分かったら、次に気になるのが、共益費の金額が毎月定額なのか。という事。
エントランス・ジャパンのシェアハウスの共益費は、年間を通して一定。夏も冬も金額は同じです。
電気やガスの使用量は寒い季節に使用量が増える傾向があります。寒いお部屋を暖めるために暖房を使ったり、暖かいシャワーやお湯を利用したりする為です。
夏のクーラーも電気代を使いそうなのですが、実は、クーラー機能よりも、暖房機能の方が多くのエネルギーを使うのです。
春や秋の光熱費の使用量はそれほど多くありませんが、共益費が下がることはありません。
年間を通して平均的な金額を徴収している為です。
シェアハウスに住んでいるなら、冬の時期が一番お得。という事にはなります。

3.使いすぎは要注意!追加料金を請求される可能性もあります

シェアハウスの電気・ガス・水道は使い放題!?と思われた方。残念ながら、使い放題ではありません。
エントランス・ジャパンのシェアハウスでは、一定の料金を超えた使用量が確認された場合には、追加で料金を徴収するルールとなっています。
これは、入居時に署名して頂く「入居規則」にもしっかりと明記している項目です。
皆さん、このルールをしっかりと理解して下さっている為、エントランス・ジャパンのシェアハウスでは、誰もいないリビングは電気もエアコンもきちんと消されています。
また、使用量が多くなっていると確認した時には、節電や節水、備品の使う量を見直して頂くよう呼びかけを行うようにしています。

4.思わぬメリット!

シェアハウスに住む事で、生活費の出費が抑えられたので、お茶、着物の着付け、英会話などの習い事や、お仕事で必要な資格の勉強のためにスクールへ通われている居者さんもいらっしゃいます。
また、シェアハウスには、留学を目指しているという方も多くお住まいですので、留学費用をコツコツ貯めている。というお話もお聞きします。

5.まとめ

シェアハウスの共益費は、電気・ガス・水道・ネット代を家賃と合わせて支払う仕組みになっているのです。ですから、家賃と共益費を払ってしまえば、あと生活に必要な費用は食費くらいです。
同じ家賃帯で一人暮らしをした場合に比べると、シェアハウスで暮らした方が生活費の出費が抑えられることになります。
電気・ガス・水道・備品類の無駄遣いは厳禁。使いすぎた場合には料金を追加徴収するルールになっています。使いすぎの傾向がみられた際には、注意勧告のお知らせもしているので、急に追加徴収という事にはなりませんのでご安心を。
お一人住まいの方は是非、光熱費を家賃と合わせた額がいくらになるのか計算してみて下さい。シェアハウスに住んだ方がお得に暮らせることが分かって頂けます。
シェアハウスに住む事で、趣味を楽しむ余裕ができたり、夢の実現のための貯金ができたりすれば、本当に素敵だと思っています。

Contact

ご質問や内見のご予約などは、
こちらからお気軽にお問い合わせください