大阪市・東大阪市・堺市・摂津市のシェアハウスならエントランス・ジャパン株式会社の「シェアハウスに住めば初期費用が安い!さらに生活費もお得になる!!」ページ

Blog

シェアハウスに住めば初期費用が安い!さらに生活費もお得になる!!

ブログ

引っ越し費用はできるだけ安い方がいいですよね。
実は、エントランス・ジャパンのシェアハウスは、賃貸に比べて、初期費用がグッとお安くなるんです。さらに、毎月の家賃・共益費に光熱費や備品代が含まれているので、日々の生活費も少しお得に生活できるってご存知でしたか?
今回は、何がどんなふうに安くなって、お得に入居し生活できるのか、紹介していきます。

【目次】
1.シェアハウスに住めば、初期費用だけで約3分の1もお得!
 a)初期費用の敷金、礼金、仲介手数料は不要
 b)初期費用を比較!
2.大型家電を購入するも必要ないので、さらにお得
3.毎月の生活費もお得になるのはなぜか
 a)家賃と共益費について
 b)共益費こそがお得になる秘密
4.今回のまとめ

 

1.初期費用が約3分の1もお得!

なんと、エントランス・ジャパンのシェアハウスの初期費用は、賃貸に比べると約3分の1!
入居日や家賃によっては、初期費用10万円以下で入居できることもあります。

a)初期費用の「敷金」「礼金」「仲介手数料」は不要

一般の賃貸物件を借りようとする時、皆さんはどうしますか?
まず、近くの不動産屋さんに行って、お部屋を紹介してもらいますよね。そうなると当然必要になってくる、「敷金」「礼金」「仲介手数料」という費用。物件によっては、入居時に鍵交換費用や清掃費用、セキュリティーシステムへの入会などが別途必要な場合もあります。
エントランス・ジャパンのシェアハウスでは、こういった費用が必要ない為、初期費用が安くなるのです。

b)初期費用を比較!

具体的には、どれくらいお得なのか、気になるところですよね。
家賃55,000円/月のお部屋に引越しする場合、「シェアハウス」と「賃貸」でどれくらい初期費用に差が出るのか、比較してみました!
 

 
表のとおり、シェアハウスの初期費用は97,500円の場合、賃貸物件Aは29万円となりました。
同じ家賃設定でも、「敷金」「礼金」「仲介手数料」が不要となれば、これだけの金額に差が出るんです!
もちろん、賃貸物件によって敷金・礼金などの金額設定は異なりますので、あらかじめご了承下さいね。

2.大型家電を購入する必要がないのでさらにお得!

シェアハウスは初期費用が安いだけでなく、大型家電を購入する必要がありません。初めて一人暮らしをする場合で、全てを用意しようとすると安く見積もっても30~40万円ほどかかってしまいます。
必要なのはお金だけではありません。購入するとなると、お部屋の広さを計測しなければならず、時間も労力もかかります。

【シェアハウスにある家電一覧】
冷蔵庫・電子レンジ・オーブントースター・ケトル・炊飯器・冷蔵庫・TV・DVDプレイヤー・洗濯機・ヘアドライヤー・衣類用アイロン・掃除機・エアコンなど

【シェアハウスにある家具】
ダイニングテーブルセット、ソファー、TV台、鏡、ベッド、カーテン、お皿、コップ、お箸、スプーン、フォーク、ナイフ、鍋、フライパン、まな板、包丁、その他の調理道具など

3.毎月の生活費もお得になるのはなぜか

シェアハウスは「家賃が安い!」と思っている方も多いようですが、エントランス・ジャパンのシェアハウスの家賃は、その地域の平均家賃と同じくらい、もしくはちょっと安い程度。
ですが、毎日の生活には家賃だけでなく、「電気」「ガス」「水道」「インターネット」「生活備品」等の生活費が必要ですよね。シェアハウスではこういった費用の負担が少ないため、生活費がお得になるのです。

a)家賃と共益費について

賃貸物件では、家賃に加えて「共益費」が必要な物件が多くあります。この「共益費」は共有部の維持管理に充てられる費用です。共有部とは、エントランス、ポスト、エレベーター、階段、廊下、ゴミ置き場等の施設の事です。
エントランス・ジャパンのシェアハウスでも「共益費」を設定しているのですが、この内訳が異なります。

b)共益費こそがお得になる秘密

シェアハウスの「共益費」には、光熱費や共有部の清掃代、備品代が含まれています。
つまり、家賃と共益費を払えば、あとは食費とちょっとした日用品代だけで生活ができてしまうのです。共益費に含まれる項目は下記の通りです。

【共益費に含まれる費用】
電気・ガス・水道・インターネット(wifi)・共有部の清掃・トイレットペーパー・食器用のスポンジ・食器用の洗剤など

しかも年間を通して金額は一定で11,000円。賃貸での一人暮らしで、これらすべてを11,000円以内に収める事は難しいと言えます。シェアハウスならではの値段設定で、お得に生活ができるのです。

4.今回のまとめ

シェアハウスの費用メリットについてご紹介しました。
賃貸物件に入居した場合と比べると、初期費用は約3分の1になるだけでなく、生活費もお得になるのです。
差額分で旅行に行ったり、習い事をしたり、おいしい物を食べるのに使ったり、貯金することもできます。シェアハウスに住む事で、夢が広がり、皆さんの生活がより充実することを願っています。

Contact

ご質問や内見のご予約などは、
こちらからお気軽にお問い合わせください